借りる:ネットで探す・見る



🖥 ネットで探してみよう

住んでみたいエリアを実際に歩いてみるのが良いのですが、やみくもに歩くと疲れます。まずインターネットの画面上で、“歩いて”見ましょう。

🗺 GoogleMapのストリートビューを使おう

① まず検索 🖱

ネットの賃貸住宅検索サイトで、「いいな!」と思ったものを1件チェックします。

京都市北区に単身用のお部屋を探すという、仮の設定で見ていきましょう。

学生さんの需要が多い地域なので、サンプルとして分かりやすいのではないでしょうか。

※ ストリートビューを使って現地を見るという説明の目的で、下記物件サンプルを使用させていただいています。
物件情報の内容等は広告のままですので、現地確認や情報の真偽確認はしておりません。

『京都市北区 賃貸』で検索すると、数々の物件検索サイトが出てきます。

1つ選び、『家賃5万円以下』の条件を付けて検索してみます。

4万円台で下図の物件が出てきました。↓↓↓(アットホームより)

物件情報サンプル

バス・トイレ別で、キッチンと居室が分かれているのもいいですね。

さっそくGooleMapで行ってみましょう!!

② GoogleMapを開きます

Google検索画面


ペグマン説明

ペグマンをドラッグ&ドロップしても良いのですが、青線を出したほうがストリートビュー可能な道路が一目で分かるのです。

青線上のポイントをクリックすると、風景写真を見ることができます。


ストリートビュー

検索した物件の前に立つことができました!😀😀😀

🗨 Yahooの地図では、住所の番地を見ることができます。この物件は、13番地ということがわかりました!!


Yahooの地図

Gooleのストリートビューを使うと、まるで現地に立っているように様子がわかるので、物件情報が正しいかどうかも確かめることができます。不動産屋さんへ行く前にいろいろ見てみるのもいいでしょうね。
ただし、この例のように見た目が良い物件は、ネットに広告が出た時にはもう空室ではない可能性もありますので、早めに問い合わせてみましょう。