敷金の意味





敷金とは、家賃の滞納、借家人の責による損害賠償の担保として預かるものです。

 

敷金を定めることは、賃貸人と賃借人、どちらをも守るためです。
家主さんは家賃を滞納したまま逃げられても困りますし、物件に傷つけられて賠償を求めても、お金がないと言われるとどうしようもないですね。
入居者にとっても、まとまった金額を預けておいた方が無難です。問題なく全額返還したら、感謝されるでしょう。
 
そうは言っても退去時に部屋がどうなっているか、掃除や修繕にお金がかからないか心配です。
でも、預かった敷金は「掃除代」ではないのです。
ですから、当たり前のように退去時にルームクリーニング代(しかも定額)を敷金から差し引くのは法的にNGなのです。
 

 

◎ 賃貸住宅は人に部屋を貸して利益を得る商品

 

賃貸住宅ビジネスは、物件に投資して人が住めように部屋を整えた上で、借家人から賃料を受け取り、利益を発生させるものです。
 
受け取った賃料は、入居者(お客さん)が入れ替わった場合にも、利益を得るために商品を整える費用も含まれていますので、退去時に掃除代として敷金から差し引くと、二重請求になります。

 

◎ 別途請求の形をとる

 

通常の範囲内を超えて汚れている場合や、明らかに入居者の落ち度で傷がある場合は、退去時立会の場で指摘の上、別途請求すればよいのです。
 
換気扇の汚れ、排水口のつまり、カビなどは、通常損耗に含まれませんから、その部分の掃除代は堂々と請求できます。ただし、退去時立会で必ず指摘し、写真撮影と同意書を取りましょう。

 

◎ 訴訟を起こされないよう注意

敷金は基本、全額変換する性質があることをふまえ、注意してください。
最近は簡単に訴訟を起こされてしまいます。
敷金訴訟では、家主側が敗訴することが多いので、時間もお金も失ってしまいますから、そうならないように対策しておきましょう。

 

 対策1
契約書に明記する

借家人に負担してほしい修繕箇所、範囲があれば、同意の上明記する。
あくまでも双方の同意が前提条件なので、入居の可否に使用しない。
修繕費用の大まかな見積もりが出来れば良いですが、ない場合は上限を決めておけば同意をとりやすくなります。
 

 対策2
退去時立会をする

退去時立会を必ず行い、修繕費を請求する箇所を双方確認し、同意書を作成する。

 

 

賃貸住宅の入居者さんは、消費者としての意識が強くなり、法的なことを理解している人も増えています。
少額訴訟などすぐ起こされますから、話し合いと同意を基本に、トラブルを避けたいものです。
敷金問題は、公営住宅での無茶な追加請求などもあり、過敏になっている感もありますが、やはり不透明なお金の流れは、後味が悪いのでやめましょう。