駐車場で洗車



 2017年1月8日内容を手直しして更新

賃貸住宅の駐車場で洗車

洗車のイラスト

車はいつもキレイにしておきたいもの。

でも、何度も自動洗車機にかけていると傷が気になる、かと言って手洗い洗車をしてもらうと料金が高い〜〜。

なんとか自分でこまめにお手入れできるといいですよね。

集合住宅の場合、駐車場も隣の車との間が狭いし、人の目も気になるので、とても洗車などできそうもないですが、簡易的な洗車ができる場合もあります。

私が借りている駐車場は、集合住宅専用で、屋根はなく、アスファルトに白線で仕切られています。
人も車もよく通る、目立った場所にあります。

その条件での話ですので、すべての人に当てはまらないと思いますが、参考にしていただければと思います。


◎ 用意するもの

用意するもの

  • 大きめの綿雑巾とバケツ。
  • 空いたペットボトルに水道水を入れたもの。
  • 拭き上げ用のマイクロファイバークロス。
  • 虫がついていれば柔らかい歯ブラシなど…塗装面には使えませんが。






◎ コツ

自分の駐車エリアからはみ出さないように作業するので、車をパーツに分けて洗車していく

一日で全部することにこだわらない

ルーフ部分 → ボンネット → 前面 → 側面 → 後面 → 下回り(手が届く範囲) → タイヤ → → ドアの内側 → 車内

◎ 手順(パーツごとに1〜4を繰り返します)

  1. ペットボトルの水をゆっくりかける。
  2. 絞ってない雑巾(ドボドボ状態)でそっと押す、こすらないように洗う。
  3. 雑巾をバケツの水で洗い、絞らずにもう一度そっと押すように洗う。
  4. 乾く前にマイクロファイバーなどの、洗車用クロスでさっと水分を取る。

シャンプーしてないのでこびりついた汚れが取れていないですが、これで落ちますよ。

ついでに窓に撥水コートをしておけば、バッチリです。

すぐにドライブに出かけたくなりますね!

  1. 絶対にシャンプーなどの、洗剤類は使わない。(これは絶対!!)
  2. 自分の駐車枠をはみ出して作業しない。作業中に隣の車に手や体が当たらないようにする。
  3. 絶対に、水やゴミ、埃を隣の車に付けない。(絶対!)
  4. マットを振るうのは無理なので、はじめからあきらめておく。
  5. 迅速に作業を終える。時間がかかりそうだったり、怪しまれそうな雰囲気を感じたら、すぐに作業を止める。
  6. 後片付けはきちんと、周囲を掃除しておくと、苦情がくることはないでしょう。